【分析ツールはこれ1つでOK】銘柄スカウター(マネックス証券)を使い倒す方法!どこよりも詳しく解説

※本ページはプロモーションが含まれています

初めまして、ただかぶ(@tadakabu)です

X(旧Twitter)で高配当投資情報を発信し2万人もの方にフォローして頂いています!

これまでただかぶは、400銘柄の投資分析をしてきました

ただかぶ
ただかぶ

色々なツールを試した中で、無料で使える分析ツールを探しているなら銘柄スカウター(マネックス証券)が最もオススメです!

マネックス証券

公式サイトを見る↑

四半期ごとの業績や株主還元など開示されている情報をグラフや表にまとめてくれているので分析を深堀りしたい人にもオススメです!

(情報をまとめるのって自分でも出来るけど本当にめんどうですからね…)

このツールを使えば、企業分析にかかる時間が劇的に短くなるだけでなく、理解度が高まり自信を持って投資することが出来るようになるでしょう

僕自身が普段から使い倒しているからこそ、どこよりも詳しく解説しているのでご参考にどうぞ!

ちなみに、このツール(銘柄スカウター)を使うとこんな分析も簡単に出来るようになります

https://twitter.com/tadakabu/status/1700092813034324356

データがまとめられているので、実績と予想が比較しやすく銘柄スカウター1つで分析が完結できます!

スポンサーリンク

「銘柄スカウター」のみんなの口コミ

銘柄スカウターを利用しているユーザーの口コミを集めてみました

投資インフルエンサーの方々もおすすめしてました!

「銘柄スカウター」のみんなの口コミ

銘柄分析では、「死ぬほど役に立つ」「断トツのツール」「視認性の高く便利」などが多くありました!

一方で、「メンテナンスが多い」「取引しづらい」などのマネックス証券が使いにくいとの口コミもありました

意外にも銘柄スカウターを使うためだけにマネックス証券の口座開設したという人が多数!

マネックス証券の中の人はこんな機能を勧めていました

・過去10期以上の長期業績をグラフ表示
・前期業績との比較や当期業績の進捗が一目で分かる
・アナリストのおすすめ条件から銘柄を選別

X(旧Twitter)

それでは、一緒に使い倒していきましょう!!

銘柄スカウターとは?

銘柄スカウターはマネックス証券が提供する無料の企業分析ツールです

企業の基礎情報から業績の推移、アナリストの予想など企業分析に必要な幅広い情報を比較することができます

グラフで過去の推移を確認できるので一目で理解できる点は多くの投資家から評価されています

今や投資家にとってはなくてはならない必須のツールです!

ここから銘柄スカウターの「おすすめ分析・検索機能」を紹介していきます

銘柄スカウターのおすすめ分析機能9選と使い方

銘柄スカウターには多くの機能があるので、使い方がわからないという方も多いかと思います

画像をたっぷり載せて使い方を紹介していくので参考にしてください!

まずは、基本となるページです

銘柄スカウター基本ページ

「メニューバー」「検索タグ」「お気に入り銘柄」「閲覧履歴」から選択したい項目をクリックしましょう

企業分析をするのに一番大切な業績比較から紹介しますね

通期・四半期ごとの業績を比較

このページでは、10数年分の「通期業績」「四半期業績」を一目で比較することができます

右上の「詳細」をクリックすると、「売上原価」「売上総利益」「販管費」「EBITDA」まで表示することが可能になります

決算短信を見に行かなくてもP/L(損益計算書)が見られるのは、楽でいいですね!

さらに、グラフで推移を確認できるので理解しやすいですね

こちらは、四半期業績推移で約5年分のデータを比較することができます

通期の業績を確認できるツールは多いですが、銘柄スカウターは四半期毎に確認できるのでQonQを比較することができます

どの四半期に業績が伸びやすいかなど傾向を把握する際におすすめです

こちらは、四半期の累積推移になります

さまざまな角度から業績を分析できるのは銘柄スカウターならではの強みなんですよね

これだけではなく、他にも素晴らしい機能があるので紹介していきます

業績進捗率を比較

業績の進捗率は、今期の業績を予想する上で重要な指標の一つですよね

銘柄スカウターでは、画面に表示される一画面で四半期累積の進捗率や会社予想値、コンセンサス予想まで比較することができます

銘柄スカウター今期進捗状況

他のツールだと、適時開示情報から会社通期予想値をメモして四半期業績を比較する必要がありました

銘柄スカウターでは、その手間を解消し一目で見れるようにまとめられています

「この企業の今期の業績はどうかな」と調べる時は、まずここを見るとわかりやすいので見てみてください!

次は、私が分析を深堀りする際に一番重宝している機能です

セグメント別の業績を比較

セグメントも業績同様に「通期」や「四半期別」に推移を確認することができます

また、「セグメントの売上構成比」や「海外売上高構成比」も確認できます

ここまで視認性が高く、比較しやすい点は唯一無二だと感じています

各セグメントの業績推移を一目で確認することができます

ここを見るだけで、セグメントの成長度合いが一目でわかりますね

「成長戦略に沿った成長」確認する時などに使うと便利です

売上構成比は銘柄分析をする上で絶対に見て欲しい部分です

企業のストロングポイントが一目でわかり、「どの事業で稼ぐ企業なのか」、「多事業へ分散しているのか」など企業の稼ぐ仕組みを丸裸にできます

ここでも四半期別で業績推移を確認することができます

さらに、海外売上高比も見ることができるのです!

こんなに深堀りできるツールが無料というのが信じられません

有料でも僕は使い続けたい。それくらい役に立つツールなんですよね!

業績予想修正を確認

ここでは、年に何回業績予想を修正したかを見ることができます

銘柄スカウター業績予想修正

この銘柄だと2023年度は2回上方修正していることがわかります

「最初に通期予想を発表する時に控えめに出す傾向がある」などの銘柄のクセを見つける際にに使えます

前回予想や当初予想に対する修正率が数値で確認できます

次は、初心者の方に嬉しい機能を紹介します!

銘柄カルテで状態を確認

ここを見ると5秒で企業の状態がわかります

銘柄スカウター銘柄カルテ

「業績」「配当」「株価」「財務」「アナリスト」の情報が一目で確認することができます

ここを5秒見るだけで「調べたけどダメな企業だった」と無駄な時間を過ごすこともなくなります

忙しい方にとっておすすめの最強の時短方法です!ぜひ使ってみて下さい!

貸借対照表の内訳を確認

「この企業潰れたりしないよね」なんて心配がある方はここを見て解消しましょう

ここ数年のバランスシートを確認し急激に悪化している部分がなければOKです!

銘柄スカウター貸借対照表

直近比較だけでなく、「項目別推移」「時系列推移」「変動要因」別に見ることも可能です

項目別推移は折れ線グラフで、時系列推移は棒グラフで5期または10期の期間で表示することが可能です

変動要因は、棒グラフで1年毎に最大9年前まで表示することが可能です

設備投資などの推移を比較

「設備投資どれくらいしてるの?」「毎年売上の何%くらいか知りたい」という方はここを見てください

設備投資や減価償却費、研究開発費の推移を確認することができます

銘柄スカウター設備投資

売上高に占める設備投資や研究開発費が慢性的に大きすぎる企業は利益が残らないので注意が必要ですね

次は、高配当投資家には絶対に使って欲しい機能です

株主還元の推移を確認

ここでは、年間配当推移や自社株買い実績をまとめて確認することができます

銘柄スカウター年間配当推移

近年人気になってきている高配当投資。ここでのポイントは、「配当推移は右肩上がりか」「減配なく配当は安定しているのか」「業績連動型か」「無配のになっていることはないか」などを確認しましょう!

連続増配連数もわかるのは地味に嬉しいポイントです

配当性向や総還元性向を確認することで企業が株主還元に積極的かどうかを見極めることができます
大幅に上がった際は、「株主還元政策の変更」か「業績悪化」の可能性が高いので適時開示情報を確認してみましょう

株価指標推移の推移を確認

ここでは、株価指標の「現在値」と選択した期間の「最大値」「平均値」「最小値」を確認することができます

銘柄スカウター株価指標推移

株価指標には「PER」「PBR」「予想配当利回り」「実績配当利回り」の推移をグラフで確認することができます

これらの指標から調査時点の株価が割安か割高か判断することができます

アナリスト予想が一目で比較できる

ここでは、アナリストのコンセンサスやレーティングを確認することができます

投資のプロが評価した結果を無料で見ることができます

これ反則ではないですからね!笑

ポイントは、3か月前と比較して最新値のレーティングが上がっていれば強気下がっていれば弱気に評価されているといことです

ちなみに、3か月で見るのは直近決算の評価を加味して見るためです

理論株価をレンジで確認

ここでは、会社・アナリスト予想それぞれの理論株価が一目で確認できます

銘柄スカウター理論株価

「PER・PBR基準」「目標株価コンセンサス」を売買の参考にすることができます

さらに、複数の項目を入力するだけでマイ理論株価もクリックするだけで算出できるようになっています

ただかぶ
ただかぶ

ここまで、おすすめの分析機能を紹介してきましたがいかがでしたか?

銘柄分析したくてウズウズしてきましたか?

となると、分析するための銘柄を探さないといけませんね!探したいですよね!ね!

さぁ!ここからは、銘柄を探す検索機能を紹介していきます

銘柄スカウターのおすすめ検索機能8選と使い方

銘柄スカウターは分析で人気のツールですが、実は検索機能もかなり優秀なのです!

検索機能の使い方をマスターすることで、銘柄分析の効率も爆発的に上がります

まずは、「お気に入り機能」から

お気に入り機能

保有株や気になる銘柄をお気に入り登録しておくことで、すぐに確認することが出来るようになります

200件まで登録できるので、気になる銘柄はどんどん登録していきましょう!

銘柄スカウターお気に入り機能

登録の仕方は画像の手順通りで左上の☆をタップするだけと簡単です

次は、複数の銘柄を比較して分析できる機能です

銘柄比較分析

ここでは、選択した銘柄の時価総額や株価指標、配当利回りなどを一画面で比較できます

この機能は、同業種間での優位性を調べる時に恐ろしい力を発揮してくれます!

銘柄スカウター銘柄比較分析

今回は、総合商社を比較してみました。商社で人気なのは「三菱商事」や「伊藤忠商事」ですが、実はROEやROAは「三井物産」や「丸紅」の方が大きいんですね

いちいちメモして比較…なんてめんどくさいことをしなくてもいいのです

どんどん時短して限られたリソースを有効に使っていきましょう!

登録の仕方は簡単で、「お気に入りから選択」したり「オリジナル業種分類から選択」することができます

もちろん一銘柄ずつ手入力することもできますが、時短のためにはこちらの検索機能を使いこなせるようになることをおすすめします

さらに、グラフでも比較することができるのです

グラフで比較すると違いが明確になり、理解度が高くなりますね

続いては、決算時期に大活躍の機能をご紹介

決算スケジュール

決算は年に4回あるビックイベントです。この日を意識して売買することは株式投資をする上で必須となってきます

ここでは、そのビックイベントがいつあるか確認することができます

銘柄スカウター決算スケジュール

保有株や同業他社の決算日を確認してみましょう!

決算の結果をさまざまな項目を元に評価され、総合点を天気で教えてくれています

天気の基準は公表されていませんが、「晴れ→進捗良好」「曇り→進捗普通」「雨→進捗悪い」のイメージでいいでしょう

天気別に検索することも出来るので、業績の良し悪しで銘柄を探すときに使ってみてください

業績修正を探す(上方修正・下方修正した銘柄を検索)

ここでは、業績修正した銘柄を探すことができます

銘柄スカウター業績修正

狙いたい条件の項目にクリックして検索すると該当銘柄がでてきます

業績の変動がある時は株価が動きやすいのでトレーダーの方はどんどん使っていきたい機能ですね!

アナリスト予想変化

ここでは、アナリストの業績予想変化推移を確認できます

銘柄スカウターアナリスト予想

上方修正>下方修正回数となっている時は市場全体で景気が上向きになってきていることがわかります

また、TOPIXとの連動性も同時に見ることができます

「昨日」「1週間」「1か月」で見ることが出来るので、その時の旬な銘柄・業種がわかります

こちらもトレーダーの方におすすめの機能です!

10年スクリーニング

ここでは、「高配当の銘柄を調べたい」などのアバウトな条件や「高配当かつ9期連続増配してる銘柄を調べたい」と狙いが明確など、さまざまな条件でスクリーニングをすることができます

銘柄スカウター10年スクリーニング

試しに9期連続増配かつ配当利回り4%以上の高配当銘柄を検索すると11銘柄ヒットしました

無作為に企業を分析するより、詳細条件を設定して検索すると数が絞れるので狙いたい条件がある時はかなりの時短になります!

知らなかった有望銘柄との出会いがあるかもしれないので一度試しにスクリーニングしてみてください!

業績ニュース・適時開示

ここでは、上場している全銘柄の「業績ニュース」「適時開示」を確認することができます

銘柄スカウター業績ニュース・適時開示

「上方修正した銘柄狙いたい」「株主優待始めた銘柄知りたい」「増配発表した銘柄の情報を知りたい」など速報を知りたい方はここでチェックしてみてください!

ただかぶ
ただかぶ

ここまで、おすすめの検索機能を紹介してきましたがいかがでしたか?

分析をするため前段階として条件を絞って銘柄を検索しておくと、効率が格段に上がり時短になるだけでなく「今まで見逃していた素敵な優良銘柄」との出会いがあるのです!

私はこれまで、銘柄スカウターを使って検索した際に素敵な優良銘柄と何度も出会っています

その銘柄に投資し、大きな利益を出すこともできました!

「分析の仕方」「売買のタイミング」がわからないって方はこちらで解説しています

あわせて読みたい
優良高配当銘柄を発掘する3大指標
初めまして、ただかぶ(@tadakabu)です。 Twitterで高配当投資を中心とする発信を続けて1.6万人以上の方にフォローして頂いています! これまでに3…
tadakabu-haitou.com

まとめ

最後に、ただかぶは投資を始めてからの4年間で色々なツールを試してきました

もし、あなたが無料で使える分析ツールを探しているなら銘柄スカウターが最もおすすめです!

銘柄スカウターを使うことで、企業分析にかける時間は劇的に短く、かつ企業理解がより一層深まり自信を持って投資することが出来るようになるでしょう

この記事を読んで、「銘柄スカウターを使いたい!」って少しでも思っていただけたら嬉しいです!

マネックス証券

口座開設はこちら↑

それでは、終わりまーす!